top of page

イブー交流会Vol.1@町田パリオを開催しました!

更新日:2月11日


2024.1.28


イブー交流会Vol.1を町田パリオで開催いたしました(共催:人工聴覚情報学会)。


交流会では、難聴児を育てるお母さま、言語聴覚士、言語聴覚士を目指す方が集い、

ブレインストーミングや座談会で意見交換・情報共有を行いました。


目次


【第1部】

10:30-12:00

難聴児を育てる私たちが理想の社会を考えるワークショップレポート

【第2部】

13:30-14:30

難聴児を育てるお母さん座談会レポート

【第3部】

15:30-17:00

小児向け言葉の専門家の役割を考えるワークショップレポート

終了後

参加者の感想


 

【第1部】

難聴児を育てる私たちが理想の社会を考える

ワークショップレポート


内容

  1. はじまりの挨拶 (でこ:発起人)

  2. 講演「障がい受容について」(misae:難聴児を育てる公認心理師)

  3. ブレインストーミング「難聴児を育てるうえで理想の支援とは」(mai:研究者


ブレインストーミングでは、

難聴児を育てるお母さまが「難聴児を育てるうえで理想の支援とは」というテーマで

アイディアを出し合いました。


参加者から出されたアイディアを、運営スタッフでカテゴリー分けをしました。

その結果、9つに分類しました。


Hibouブレインストーミングワークショップ
ブレインストーミング:(2) カテゴリー分け

カテゴリー分けされたアイディアを再度、参加者に眺めてもらい

共感するアイディアにシールを貼って、感想を伺いました。


Hibouブレインストーミングワークショップ
ブレインストーミング:(3) 共感するアイディアにシールを貼り

話し合いの内容は動画にまとめましたので、ご覧ください。




今回、「難聴児を育てるうえで理想の支援とは」というテーマで

ブレインストーミングを行いました。


結論として、以下の3つの視点に立った支援が必要だと考えられました。


Hibouブレインストーミングワークショップ
第1部ブレインストーミングまとめ
 

【第2部】

難聴児を育てるお母さん座談会レポート


難聴児を育てるお母さまや言語聴覚士、言語聴覚士を目指す方が一堂に会して、

これまでのご経験やお気持ちを話し合いました。

特に『新生児聴覚スクリーニングのレファーと伝えられたときのご経験やお気持ち』、

また、子どもが難聴と診断されると、母親は仕事と「療育」のダブルバインドに悩まされるのですが

そもそも『「療育」って何なんだろうか』というトピックについて

当事者と専門家とざっくばらんに議論し、話し合いを深めました。


 

【第3部】

理想の小児向け言葉の専門家の役割を考える

ワークショップレポート


内容

  1. はじまりの挨拶 (でこ:発起人)

  2. ブレインストーミング


ブレインストーミングでは、

言語聴覚士、言語聴覚士を目指す方、難聴児のお母さま、難聴当事者が

理想の小児向け言葉の専門家とは」というテーマで、アイディアを出し合いました。


参加者から出されたアイディアを、運営スタッフでカテゴリー分けをしました。

その結果、4つに分類しました。


Hibouブレインストーミングワークショップ
ブレインストーミング:(2) カテゴリー分け

カテゴリー分けされたアイディアを再度、参加者に眺めてもらい

共感するアイディアにシールを貼って、感想を伺いました。


Hibouブレインストーミングワークショップ
ブレインストーミング:(3) 共感するアイディアにシールを貼り

話し合いの内容は動画にまとめましたので、ご覧ください。


今回、「理想の小児向け言葉の専門家とは」というテーマで

ブレインストーミングを行いました。


結論として、以下の3つの役割を考えました。


Hibouブレインストーミングワークショップ
第3部ブレインストーミングまとめ
 

参加者の感想


「普段、学校以外の難聴児お母さんや言語聴覚士さん等々、

お話をさせていただく機会がなかなかないので、

とても有意義な時間でした。」


「皆さんの気持ち、意見がわかりよかったです。

20年前から変わらないという親の悩み、

これから変わるといいなと思います。」


「同じ難聴児を持つ親御さんと関われる機会に参加できて感謝です。

悩んでいるのが自分だけではないというだけで心強いです。

座談会は楽しすぎてもっとたくさん話したかったです。」


「なかなか当事者で話す機会が限られていた中で

とても貴重な機会になりました。」



「初めてのことで緊張しましたが皆様にお会いできてよかったです。

また、母の会があれば参加したいです。」

Hibou書いている手元


「画期的で、いまの難聴のお子さんや養育者の方々に

必要な活動と思います。

ぜひ今後も楽しみにしております。」

 

次回イベント

2024年3月3日~4月28日まで開催される難聴万博で座談会等イベントを行う予定です。

詳細が決まり次第、随時更新いたします。

Comentários


bottom of page